敏感肌におすすめ!KYOKIORA(キョウキオラ)のシンプルケア

KYOKIORA

とにかく何を使っても肌が反応してしまうという敏感肌の方は、「本当に最低限の成分だけ含んだ、シンプルな化粧水はないの?」と思っているかもしれません。

そういう人にぜひおすすめしたいのが、KYOKIORA(キョウキオラ)のピュアウォーター。なんと成分は水だけという、究極にシンプルなスキンケア化粧水です。

スキンケアしたいけど何を使ってもピリピリしてしまう、という方は要チェックです。

KYOKIORAピュアウォーターの詳細

KYOKIORAピュアウォーターは、スプレー缶に入ったミスト状の化粧水です。

その全成分は以下の通り。

全成分:水(低酸素弱酸性純水)100%、窒素

「え、これだけ?」と思うかもしれませんが、これで全成分です。ピュアウォーターという名前の通り、本当に水でできているのです。

乾燥を感じる部分にシューっとスプレーし、手でなじませるだけの簡単ケアで、肌にうるおいを与えてくれます。

成分が水だけなのにどうして肌に良いの?

成分が水だけと聞くと、「なら水道水で肌を濡らしているのと変わらないのでは?」と思いますよね。しかし、KYOKIORAピュアウォーターには、スキンケア化粧水として敏感肌の人に支持されている理由が3点あります。

理由1:独自製法で浸透力があるから

KYOKIORAの浸透力

※画像は公式サイトより

KYOKIORAのピュアウォーターは独自製法により、肌に吸収されやすい状態になっています。

界面活性剤を使わずに浸透力を持たせる製法のおかげで、肌への優しさと浸透力を両立させているのは、KYOKIORAの大きな強みの一つです。

理由2:弱酸性だから

また、KYOKIORAピュアウォーターは肌に近い弱酸性になっているので、敏感肌の人でもより安心して使うことができます。

東京都水道局によると、東京都の水道水はおおむね中性(平成25年度の時点)とのことなので、KYOKIORAピュアウォーターの方が肌に近いpHだと言えます。

pHの水道水質基準値(5.8~8.6)は、水道施設の腐食等を防止する観点から、中性付近の値にあることが望ましいとして決められています。
これは、化学的根拠に基づく基準ではなく、過去の実態調査で、自然水のpHがおおむね5~9であるという結果に基づいています。

なお、東京の水道水のpHは、平成25年度、平均7.6(6.8~8.1)でおおむね中性です。

引用元:東京都水道局

なお、肌本来のpH値は4.5~6程度で、KYOKIORAピュアウォーターのpHは5.5です。汗をかくなどしてアルカリ性に傾いた肌も、KYOKIORAピュアウォーターを使うことで本来のpHに戻していくことができるのです。

理由3:無添加だから

KYOKIORAピュアウォーターは以下のフリーを実現しています。

  • 防腐剤不使用
  • アルコール無添加
  • 界面活性剤不使用
  • 無着色・無香料

このため、通常の化粧水で肌がピリピリしてしまうような人でも試してみる価値があります。肌に余計なダメージを与えたくない人にはピッタリの化粧水ですね。

SNSでもKYOKIORAに満足している方がいました。

 

View this post on Instagram

 

1ヶ月前から愛用している化粧水&保湿クリーム。 霧が細かく使いやすくてコスパもいいからたっぷり使えます。保湿クリームは手にとって化粧水で少し伸ばしたあと顔につけてる。夜はたっぷり朝は控えめに。塗り心地は、ワセリンのようで、つけすぎるとテカテカするので注意やけど保湿は完璧。首に汗疹のようなものが出来てなかなか治らなかったけど、これを塗ってるうちに気にならなくなりました。 お肌のトラブルもあまり感じなくなったし合ってるのかも。しばらく使い続けようと思います。 #スプレータイプの化粧水 #kyokiora #キョウキオラ #無添加化粧水 #ケアクリーム #お肌のトラブル #愛用コスメ

@ chiyo_1119がシェアした投稿 –

今のスキンケアに満足していない人はチェック推奨です。

セット使いがおすすめ!ドライスキンケアクリームの詳細

KYOKIORAピュアウォーターはブースター化粧水としてもおすすめのアイテムですが、そんなKYOKIORAピュアウォーターとセットで使用できるアイテムが欲しいとの声があったそうです。

確かに、せっかくKYOKIORAピュアウォーターを使っていても、その後に使用するクリーム等に添加物がたくさん含まれていたら意味がないですからね。

そこで、そんなユーザーの声に応える形で生まれたのが「ドライスキンケアクリーム」。敏感肌にも使える、肌に優しい高純度ワセリンのクリームです。

主な特長は以下の通りです。

  • 防腐剤やアルコール、着色料、香料を含まない無添加製法
  • 敏感肌に嬉しい低刺激
  • 肌の水分蒸発を防止してうるおいを守る

KYOKIORAのピュアウォーターとドライスキンケアクリームを併せて使うことで、肌への負担を抑えたシンプルケアを実践することができるということですね。

付けすぎると少しベタベタするので、一度に小豆1粒分程度を使用します。KYOKIORAピュアウォーターで濡れている状態の肌にのせて、水分蒸発を防ぎましょう。

一緒に使うことでクリームがのびやすくなり、うすく塗り広げることができるのです。

KYOKIORAのトライアルセット

敏感肌だと、スキンケアアイテムは「肌に合うかどうか」が最重要。そのため、トライアルセットがあるならまずそちらを試してみるべきでしょう。

KYOKIORAにも、ピュアウォーターとドライスキンケアクリームの両方を試すことのできるトライアルセットがあります。

<トライアルセットの内容>

料金 初回限定1,500円(税込)
内容
  • KYOKIORA(80g)
  • ドライスキンケアクリーム(サンプル5g)
  • コスメポーチ

高めのランチ1回分くらいの料金でKYOKIORAのアイテムを両方試すことができるので、気になる人はぜひ一度手に取ってみると良いでしょう。

美容成分が含まれない分、肌の悩みがない場合は効果を実感しにくいKYOKIORAですが、逆に肌に余計な成分を付けてトラブルを抱えてしまっているような人は、1~2ヶ月程度使ってみると肌が本来の元気を取り戻すかもしれませんね。

それこそがシンプルケアの強みだと言えるでしょう。

まとめ

敏感肌の人は、日頃使用している化粧水などが原因で肌トラブルを抱えていることもありますよね。

KYOKIORAは水だけでできている無添加化粧水なので、余分な成分で肌に負担を与えることなく、純粋にうるおいを補給することができます。

さらにドライスキンケアクリームを使えば、そのうるおいを閉じ込めて保湿することも可能です。

シンプルケアでありつつも、しっかりと肌にうるおいを与えてくれるKYOKIORAは、化粧水選びで悩んでいる敏感肌の人の悩みを解消してくれるかもしれないアイテムですね。