生理中の敏感肌対策は万全?知っておきたい肌と生理の関係

生理中の女性

生理が始まったとき、または生理前は、肌の調子がいつもと異なることがあるでしょう。

乾燥しやすくなったり、キメが整わなくなったり。毛穴も目立つようになって、ファンデーションで隠したいけれど、メイクノリが悪くてキレイに隠せない。

ただでさえイライラしてしまう時期に、肌まで不調になってしまえば、より気分が沈んでしまいますよね。

生理中の敏感肌は、どう対策すべきなのか? 少しでもすこやかに、快適に過ごせるようにできることをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

女性の肌はゆらぎやすい

女性の肌は、とてもデリケートなもの。加齢によって変化しやすいだけでなく、季節の変わり目や疲れを感じたとき、少し夜更かしをしてしまったときにも、すぐに肌にあらわれてしまいます。

肌は常に外気にさらされています。紫外線や乾燥した空気にさらされ続けているだけに、ダメージを受けやすいところです。

さらにデリケートな敏感肌ならば、健康な肌質の方よりも敏感に変化を察知してしまうもの。小さなストレスを感じただけでも、肌はゆらいでしまうでしょう。

女性は女性ホルモンに影響されることも多々あり、肌も変化します。生理前には皮脂が過剰に分泌されるようになり、ニキビができやすくなることも。

また、バリア機能が一時的に低下し、肌荒れを起こしやすくなります。いつもより肌に赤みがある、乾燥しやすいという変化も、ホルモンによるターンオーバーの乱れが起きているのかもしれません。

敏感肌の持ち主でなくても、生理前に肌がすこやかさを失ってしまうことに悩んでいる女性は多くいます。

気持ちもふさぎ込みがちになり、ストレスもためやすくなることから、丁寧な肌ケアをおこなうことが難しくなる方もいるでしょう。心身ともに、きれいな肌を保つことに疲れてしまいます。

生理前のスキンケアはどうすればいい?

肌が荒れやすい生理前は、いつもとスキンケアを変えてみましょう。

クレンジングを変える

まずは、肌にとって負荷のかかるクレンジングを見直してみてください。

メイク落とし

敏感肌に向かないメイク落としとは?選び方とおすすめ4商品も紹介

2018年9月18日

クレンジング剤は、肌にとってはストレスのかかるもの。ゴシゴシこすらずに済むよう、たっぷりのクレンジング剤を使用し、肌を優しくなでながらメイクを落とします。

肌に負荷のかかるアイテムを、たくさん使用するのは矛盾しているように感じてしまうもの。ですが、量が少ないと指や手のひらで肌をこすってしまい、強い刺激を与えてしまいます。

たっぷりのクレンジングをクッションにすれば、指が肌にあたる心配もなく、サッとなじませてメイクを素早く落とすことができます。

長時間肌にのせ続け、指で摩擦することの方が負担も大きいため、ぜひクレンジング量を見直してみてください。

メイクを軽くして、洗顔料だけで落とすという方法もおすすめです。敏感になっている肌にとっては、クレンジングとメイクの負荷を軽くしてあげるだけでも嬉しいもの。ぜひ、試してみてください。

優しいケアを心がける

生理前は肌が荒れやすいだけに、極力手で触ることも控えておきましょう。何度もパッティングするようなケアをおこなわず、手のひらで肌を優しく包み込むようなケアをおこなってください。

ここでも摩擦が起こらないよう、化粧水やクリームもたっぷりめに。乾燥しやすいだけに、保湿ケアはしっかりとおこないましょう。

生理中にできる肌のケア

スキンケア

生理前よりも肌が敏感になり、気持ちもダウンしてしまう生理中。ここでは自分を労わるようなケアをほどこしてあげましょう。

スキンケアはよりシンプルに

肌が乾燥しやすく、刺激に弱くなるため、クレンジング後や入浴後には、すばやくスキンケアをおこなってください。

洗い立ての無防備なままの肌では、空気に触れただけで痛みが生じてしまうことも。早々に保湿ケアをおこないましょう。

アイテムは少なく、ゆっくりケアを

化粧水、美容液、クリームなど、ステップをふむケアが負担になることもあるでしょう。肌の状態が弱まっているため、与えても負担になってしまうこともあります。

化粧水とクリームだけにする、オールインワン化粧品を使用するなど、敏感な肌をいたわるケアを試してみてください。

敏感肌の人におすすめのオールインワン化粧品は以下の記事で紹介しています。

オールインワン

敏感肌には刺激が少ないオールインワンが向いている!こんな商品がおすすめ

2018年10月17日

ただし、保湿はしっかりとおこないたいため、なじませたら手のひらで優しくプッシュし、肌の角質層まで浸透させてあげましょう。

生理中は体温も下がるため、肌も冷えがちに。温度が下がった肌にはスキンケアの成分もなじみにくくなるため、いつもより時間をかけて温めてあげてください。肌の温度を手のひらで上昇させることにより、保湿力もアップします。

生理中はむくみやすくなるため、たっぷりのクリームで、優しくなでるようなマッサージをおこなうのもおすすめです。

痛いところや不快なところを指でギュッと押すなど、ツボ押しでむくみを解消してあげるのもいいでしょう。

絶対に守るべきことは?

生理中はダメージを受けやすいだけに、紫外線対策もしっかりとおこないましょう。

肌のバリア機能がおとろえ、乾燥しやすくなることから、より日焼けしやすい肌に変化しています。日焼け止めや帽子、日傘などのアイテムを使用し、お肌をしっかりと守るように気を付けてください。

紫外線については以下の記事で詳しく説明しています。

紫外線

敏感肌の人が紫外線から肌を守るには?意外と間違いやすいUVケアについて

2018年8月3日

攻めのケアを控えた方が良い時期ですから、ピーリングなどはおこなわないように。また、使ったことのない化粧品に変えるのもやめておきましょう。

使いたい新商品などは、生理後の肌の調子が良いときに試すのがおすすめです。

敏感肌を守るために内側からできるケア

外側からのケアに気を付けるととともに、体の内側から肌を守るケアもおこなってみてください。ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素をしっかりと補給し、水分もしっかりとるようにしましょう。

敏感肌の人におすすめの栄養素については以下の記事もご確認ください。

食生活

あなたの食生活は大丈夫?敏感肌の人に本当に必要な2種類の栄養素

2018年8月9日

生理前から生理中は、体が冷えやすくなるため、体を温める食材や調理法も考えてみてください。生の野菜サラダより、蒸し野菜や温野菜を摂取する、アイスコーヒーよりも、リラックス効果のある温かいハーブティーに変えるなど、生理周期に合わせて摂取するものを工夫してみましょう。

体温を上げることで血液が肌に栄養を運びやすくなり、肌の不調を内側から整えてくれます。目の下のクマや血色不良、肌の水分不足に悩んでいる方は、ぜひ内側からのケアをしっかりとおこなってみてください。

生理中は顔だけじゃない!ボディケアはどうすればいい?

ボディケア

敏感肌の方は、顔だけじゃなく、体全体の敏感肌に悩んでいる方もいます。顔ほどデリケートでなくても、体だって敏感になりがち。ぜひ、下記のことに気を付けてみてください。

入浴に熱いお湯はNG

シャワーや浴槽のお湯が熱すぎると、肌の保湿成分であるセラミドが奪われてしまいます。温度調整に気を付け、長時間の熱いお風呂は避けておきましょう。

生理用品がかぶれる

デリケートゾーンがかぶれやすい方は、こまめに生理用品を交換し、常に清潔にするよう気を付けてみてください。市販のものでかゆみが出る場合は、コットンで作られた布ナプキンを試すのもおすすめです。

ムダ毛処理はストップ

生理中は肌が荒れやすくなるため、ムダ毛処理は極力おこなわないように。必要な箇所のみおこない、保湿ケアを念入りにおこないましょう。

まとめ

生理による不調はさけられないだけに、自分の肌は自分で守るしかありません。周期や自分の状態をきちんとチェックし、時期が来たらとことん自分に優しくしてあげましょう。

外出を控え、部屋でのんびりと過ごすようにするのもおすすめです。心身をリラックスさせることは、肌にとっても良い効果をもたらすことも。

生理と上手に付き合いながら、肌を守ってあげてくださいね。