無印良品のインナーは敏感肌に優しい?素材や種類をチェック!

無印良品

生活雑貨から文房具、メイク用品から家具家電までそろってしまう無印良品。

素朴でシンプルなデザインなのに機能性も高く、ファンになってしまう人も多いのでは? なんでもそろってしまう無印良品には、敏感肌さんだからこそチェックしたい品があります。

それは、インナー。衣類も多く扱っている無印良品のインナーは、敏感肌に優しい素材のものがあります。インナーの紹介はもちろん、肌に優しい理由についても詳しくご紹介します。

敏感肌にふさわしい素材はなに?インナー選びの参考に

肌のひどい乾燥やかゆみ、赤くなるほど刺激を感じてしまうのは、肌質の問題だけでなく、衣類やインナーが原因であることもめずらしくありません。肌に直接当たるものですから、肌との相性が良くなければ、反応を起こしてしまうでしょう。

肌とインナーは密着しているようでいて、動くたびに間に摩擦が起きるもの。合わない素材で肌をこすり続けてしまえば、当然肌は傷ついてしまいます。

体がかゆい、毎日ケアしていても乾燥が止まらないなんて方は、インナーが合っていないのかもしれません。特に化学繊維でかゆみが起きやすい方も多いため、インナーを選ぶ際には素材にこだわってみましょう。

敏感肌におすすめの素材は、シルクです。絹100%は肌と同じアミノ酸を含んでいるため、肌に一番近い素材と言われています。ですが、シルクは高価なことも。

頻繁に買い替えが必要になるインナーであれば、もう少し購入しやすい価格の方が嬉しいという方もいるでしょう。

デイリー用ならば、コットンがおすすめです。綿100%も肌には優しいもの。コットンは繊維の先端が丸く、デリケートな肌を持つ赤ちゃんのお洋服にも使われる素材です。

吸水性がよく、汗をしっかりと吸ってくれるため、暑い季節の汗ムレを防ぐ効果もあります。静電気が発生しにくく、あたたかみもあるため、冬でも愛用できるのです。

インナーを購入する際には、タグのない商品を選ぶといいでしょう。必要な情報を生地に転写してある商品を選べば、タグによるチクチクを軽減させることができるため、ぜひチェックしてみてください。

敏感肌に優しい!無印良品のインナーを紹介

さっそく、無印良品で敏感肌にも優しいインナー商品をご紹介します。さまざまな種類がありますが、なかでもコットン100%の商品を中心に選んでみました。

なお、無印良品の通販はLOHACO経由で行うのがおすすめです。

無印良品の通販(LOHACO)はこちら≫

脇に縫い目のないインナー

脇に縫い目のないインナー

その名の通り、縫い目のないインナーシリーズです。ショーツやタンクトップ、キャミソールやブラジャーがそろっています。

筒状に編み立てているため、肌にフィットしやすく、アウターにも響きにくいというメリットがあります。

締め付けがなく、ふわっと体にまとうような履き心地が気持ちよく、ウエスト部分のアタリが優しいのも人気の理由です。

こちらのシリーズには、カップ入りインナーもそろっています。オーガニックコットンとシルクを合わせ、1年中着ることができる仕上がりに。

カップが縫い付けられている「カップ付」と、カップの取り外しができる「カップ入り」の2種類から選ぶことができます。

カップ付の締め付けが気になる方ならば、取り外せるカップ入りの方が肌には良いかもしれません。胸をカップに固定して、服をキレイに着こなしたい方には、カップ付の方が便利でしょう。合わせる服や肌の状態により、お好みのものを選ぶことができます。

オーガニックコットン無染色

オーガニックコットン無染色

オーガニックコットン100%を使用したショーツは無染色のため、染料による刺激を心配する必要がありません。天然素材そのままのカラーと柄を施しています。

特にデリケートになりやすいときに使える、サニタリーショーツは嬉しいもの。布ナプキンもそろえられるため、生理時の肌を労わりたい方には、試して欲しいシリーズです。

こちらのシリーズは脇に縫い目のないインナーシリーズと共通しているため、縫い目を気にせず着用することができます。

綿であったかインナー

 

綿を使用した、寒い時期には嬉しい体をあたためるインナーシリーズです。タンクトップや八分袖・長袖シャツ、はらまきショーツやレギンスなど、下半身をあたためる商品も用意されています。

素材はオーガニックコットンですが、吸湿発熱機能があるため、湿気を吸って発熱することで体をあたためます。

サイズや洗濯表示はタグにせず、転写プリントをしているため、首がチクチクすることもありません。

乾燥する冬にこそ、肌が敏感になってしまうという方も多いもの。化学繊維が合わない方は、天然素材であるオーガニックコットンのインナーを使用してみるのもおすすめです。

服の下に合わせやすい、八分袖やレギンスを重ねておけば、洋服の素材を気にする心配がありません。インナーが体をあたためつつ、肌を守ってくれるため、寒くて乾燥しやすい冬には大活躍しそうです。

無印良品のコットン100%以外のインナーはどう?

無印良品には、よりあたたかさを追求したウール素材をコットンに混ぜたものや、質感の異なるアクリルやレーヨンを混ぜたインナーもあります。

極寒の季節には、1枚であたたかくなれるインナーがあれば便利なものです。フィット感が増したインナーの方が、アウターに響きにくくなり、ファッションを楽しみやすくなります。サニタリーショーツなら、よりズレにくい生地の方が安心できるという人もいるでしょう。これらのメリットは、コットンだけではかなわないことも多々あります。

コットン100%のインナーとは異なる着心地や、機能性を楽しめる商品もあるため、他素材を使用した商品も試してみるといいでしょう。無印良品のインナーはコットンを主成分として作られているため、安心感もあります。

ただし、他の素材が少し混ざることによって、肌が過敏に反応してしまう方も。

コットン100%以外の商品でも大丈夫という敏感肌の方もいますが、必ずしも自分に合うとは限らないことを覚えておきましょう。

無印良品インナーのデメリットは?

疑問

敏感肌には嬉しい無印良品のインナーですが、あえてデメリットを上げるとすれば、デザイン性がないことぐらいでしょう。

ですが、華美な装飾は無印良品のコンセプトから外れてしまいますし、装飾やカラーを施すほどに、肌に刺激を与えるリスクは高まります。

また、化学繊維より機能性が低いように感じている人もいるかもしれませんが、天然素材に機能性がないわけではありません。あえて機能性の高さを強くアピールしていないだけです。コットンが保温性や吸湿性に優れていることは当たり前のことであり、今さら強調する必要もないのです。

保湿力もあり、静電気も起こりにくい素材のため、化学繊維よりもメリットが大きいことも。

また、ネット通販が利用でき、店舗数の多い無印良品だからこそ、どこに住んでいても購入しやすいというメリットもあります。定期的に買い替えるインナーだからこそ、購入しやすいブランドを選びたいものです。価格もデザイン同様シンプルなため、まとめて購入しやすいという声も。

さまざまなインナーが数多くありますが、敏感肌が気になる方にとっては、注目すべきブランドと言えます。

まとめ

購入しやすい無印良品に、敏感肌にも優しいインナーがそろっているのは嬉しいですよね。シンプルですがカラバリもあり、袖の長さやカップの有無、用途別にこまかくそろえられているため、年間を通して使いやすいものばかり。

キッズやメンズもそろうため、家族で同じものをそろえることもできます。

まだ試したことのない方は、ぜひ無印良品のインナーの着心地を、一度は味わってみてください。

無印良品の通販(LOHACO)はこちら≫