敏感肌の衣類選びは大変?コツをつかめばコーディネートも楽しめる!

衣類

敏感肌の場合、衣類の選び方にもコツが必要です。流行の服やかわいいデザインを着たいけれど、肌がかゆくなるのは困るもの。

だからといって、肌に良い素材だけを1年中着るのは難しいですよね。ファッション性を求められたり、仕事で制服着用を義務付けられたりすることもあります。

少しでも肌を守りながら服を選ぶ方法や、衣類によって肌に負荷をかけない方法をご紹介します。ぜひ、試してみてくださいね。

敏感肌は重ね着で肌を守る!

肌が敏感であると、素材によってかゆみを生じるものと安心できるものが、明確に分かれてしまうこともあります。コットンやシルク素材は平気でも、ポリエステルやナイロン、アクリルを着ると乾燥してしまうという方もいるでしょう。

ですが、ポリエステルなどの化学繊維素材は安価なため、量産店では多くの衣類がそういった素材で作られています。天然素材の商品がないこともないのですが、数が少なく、好みのデザインが見つからないという悩みもありますよね。

そんな敏感肌の方は、インナーに天然素材を合わせ、上に化学繊維を重ねるなど工夫をしてみましょう。重ね着をすることにより、肌に直接化学繊維が当たることを避けることができます。

天然素材であっても、ウールは質によってはチクチクしてしまうこともあります。できればコットンの上に重ねるなどして、直接肌には当たらないよう着こなした方が、温度調整をしやすいウールの良さを感じることができるでしょう。

重ね着するときのコーディネートを考え、コットンやオーガニックコットン、シルクやリネンでできた薄手の衣類をいくつか用意しておくと安心です。

袖丈の短いものや襟周りが広くあいているものなど、上に重ねる洋服からは見えないものや、あえて見せてもオシャレに見えるデザインのものをそろえておきましょう。

上手に着こなしてファッション性を楽しみつつ、チクチクした素材から肌を守ってあげてください。

天然素材の衣類で着回しは難しい!そんな場合には?

服選び

春夏などの汗ばむ時期には、重ね着をして体温調整をすることが難しいことも。できれば、Tシャツやカットソーなどは、天然素材のものを選ぶのがおすすめです。

シーンによっては、素材とデザインが合わないこともありますよね。そんな場合には、縫い目の少ないものや、レースなどの装飾が肌に直接あたらないデザインを選んでみましょう。

体にピッタリとフィットしたものよりも、シルエットがふくらむもの。かたい生地が敏感な部分に当たらないものなどを探してみてください。

服を着る前には、肌に直接当たってしまう、服の内側を確かめておきましょう。購入する際には、服の内側を手で触ってみたり、試着して着心地を確認してみたりするなど、自分の目と手でチェックを行うことでリスクを減らすことができます。

仕事着に素材を選べない場合には、せめて部屋着やパジャマは天然素材のものを使用するなど、肌ストレスを軽減する工夫をしてみてください。首周りや肌に当たって気になる部分には、コットンなどの当て布を施すのもいいでしょう。

着用する前には、あらかじめボディクリームを塗るなどして、肌への摩擦をおさえておくケアも有効です。

見落としがちな小物選びにも注意

トップスやボトムスに気を使っていても、小物選びにまで意識がいかないこともあります。秋冬に活躍するマフラーやストールも、素材や質感に気を付けて選んでみてください。

ストールは顔周りにかかるため、肌に合わないものを巻いていることで、顔までかゆくなってしまうこともあるでしょう。首やデコルテもデリケートでかゆみがでやすいだけに、慎重に選んでおきたいものです。

靴下やタイツ、ストッキングも肌に直接当たるもの。「タイツを履くと足がかゆくなる」という方もいますよね。素材によって合う・合わないもありますし、乾燥した肌に身に着けてしまうことで、より肌が敏感になってしまうこともあります。

最近では素材だけでなく、肌触りに配慮したものや、しっとりとした当たりが良い商品もあります。さまざまな商品をチェックし、刺激の少ないものを選びましょう。

靴下は履き口のゴムが強いと、肌に負荷をかけるだけでなく、血行を悪くしてしまいます。血行不良になると、肌に水分や栄養が運ばれなくなってしまうため、肌にとっては良くないことも。履き口がやわらかく、フィットしやすいものを選んでみてください。

自分でできる衣類から肌を守るポイント

ポイント

どのような衣類を選んでも、より肌を守ることができるポイントを押さえておきましょう。ひと手間かけることにより、肌に優しい衣類に変えることもできます。

タグはカットする

衣類についているタグは、肌に強い刺激を与えてしまいます。首筋がチクチクし、着ている間中気になったという経験がある人もいますよね。

ここまで強い刺激を感じずとも、肌に当たり続けていることは良いことではありません。購入した際にタグはカットしてしまいましょう。

ハサミでカットするだけだと、肌にするどいカット面が当たってしまいます。リッパーや糸切りはさみを使用し、タグを縫い付けている糸からカットしてください。

必要なタグは別途保管しておくか、スマホで服と一緒に撮影しておけば、洗濯時にも確認することができます。

洗剤や柔軟剤選びに気を付ける

洗剤や柔軟剤によって、肌に炎症が起こることもあります。敏感肌向けの洗濯洗剤を選ぶように気を付けてみましょう。衣類に残りやすい柔軟剤選びも慎重に。どうしても肌がかゆいときには使用しないなど、使い方を変えてみるのもおすすめです。

敏感肌の人向けの柔軟剤については以下の記事で紹介しています。

柔軟剤

敏感肌が柔軟剤を使うのはNG?赤ちゃん服にも使える柔軟剤を探してみた!

2018年11月5日

また、洗剤が多いと衣類に残ってしまい、敏感肌に刺激を与えてしまいます。規定量を守るか、既定の量より少なめにするなどの工夫をしてみましょう。

衣類を買ったらすぐ着る?敏感肌は要注意!

服を購入し、そのまますぐに着用してしまうのは危険です。服はパッケージには収められず、むき出しで店頭に売られているもの。汚れやほこり、試着した人の汗や菌が付着したままの不衛生な状態であることも多々あります。

肌が丈夫な人ならば、その程度の汚れでダメージを受けることはありませんが、敏感肌ならば注意したいもの。劣化した汚れが、肌に炎症を起こす可能性がないとは言えません。

通販で購入した衣類も同じです。きちんとラッピングが施されていても、どのように保管されていたかは不明です。

「商品」である衣類には、形状やシワ、風合いなどを良くするために、ホルムアルデヒド樹脂が含まれていることも。この物質がアレルゲン物質となることもあるため、肌にかゆみや炎症を起こしてしまうことがあります。

天然繊維には殺虫剤が使用されているものもあり、食品のように衛生状態がしっかり管理されているとは限りません。

購入した服は一度洗濯をし、晴れた日に外で干して、紫外線で除菌しましょう。少しでもリスクをなくしてから着用するようにしてください。

まとめ

衣類はついつい肌のことよりも、見た目の良さに目がいきがちになってしまうもの。ですが、肌のことを考えて選ぶことにより、もっとファッションを楽しめるようになるかもしれません。

肌をいたわる服選びや工夫を行うことにより、服への意識が強まることもあるでしょう。丁寧に選ぶことや、大切に扱うことを覚えることで、今までとは違う意識が生まれるかもしれません。

敏感肌だからこそ、楽しめるファッションに目覚めることも! ぜひ、肌と衣類について、参考にしてみてくだいね。