敏感肌の人は唇も敏感!?気を付けるべきケアとおすすめリップ

唇

敏感肌の人はもちろん、肌が特別敏感ではないという人でも、ダメージを受けやすい唇。少し乾燥しただけでもガサガサと荒れたり、皮がめくれたり。

ときには唇が切れて、血がでてくることもあります。ダメージが積み重なってしまい、水泡や色素沈着に悩まされている人もいるでしょう。

そんな敏感な唇は、どうケアをしたらいいのか?また、おすすめのリップアイテムはあるのか?詳しくご紹介します!

※口紅については以下の記事を参照してください。

口紅

敏感肌にはどんな口紅が合う?しっとりうるおうリップとは

2018年12月13日

唇が肌より敏感なのはなぜ?

皮膚と唇が異なるのは、誰が見ても明白です。同じ顔にあるのに、リップだけスキンケアとは別にケアします。そんな唇の特徴を、いま一度確認しておきましょう。

皮膚より敏感な理由

皮膚よりも皮がむけやすく、乾燥に弱い唇。それは唇には皮脂腺がないため、皮脂が分泌されないからです。

皮膚には常に皮脂が分泌され、薄い膜のようにおおって、肌を外的なダメージから守り続けています。ところが肌同様にむき出しになった唇には皮脂がなく、刺激にとても弱いという特徴があります。

乾燥した空気や紫外線にさらされやすく、すぐにダメージを受けてしまいます。

それでも健康的な唇の人もいる

ダメージを負わず、健康的な唇をキープしている人もいますよね。「皮むけやガサガサ感がひどいのに、どうしてあの子はツヤツヤしているの?」と。

唇は生まれ変わる周期が早く、皮膚のターンオーバーよりも6倍速く進みます。つまり、ダメージを負ってもすぐに新しく生まれ変わるため、健康的な唇を維持することも可能なのです。

ですが、環境や生まれ持った肌質により、何もせずにすこやかさを保つのが難しいという人も。自分の唇が敏感と感じている方は、こまめにリップケアをおこないましょう。

敏感なリップケアにはどんなことに気をつけたらいい?

唇を気にする人

唇も敏感だと感じている人は、ケアにおいてどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

低刺激にこだわる

皮膚よりも敏感な唇ですから、刺激は徹底して避けたいもの。石油系界面活性剤やタール系色素が配合されていないものを選んでください。

さらに、ラメが配合されているものや落ちにくい口紅なども、敏感肌には刺激となることも。リップクリームも、固めのものは唇への摩擦力が強いため、あまりおすすめできません。

コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの、肌に存在する保湿成分が配合されているものであると安心でしょう。また、ホホバオイルやミツロウなどの植物オイルも、人の皮脂とよく似ているため、安心できる保湿成分です。

リップクリームはこまめに塗ると摩擦となるため、一度にしっかりとうるおうタイプのものを選んでください。

紫外線対策

肌に日焼け止めは塗るものの、唇はそのままという方も多いでしょう。強い紫外線は、唇にも強いダメージを与えてしまいます。

特に乾燥した唇はダメージをうけやすいもの。日中にはUVカット用のリップを使用し、紫外線対策を行いましょう。

敏感肌ならば、ミネラル色素成分(酸化鉄・酸化チタン)が配合されたものならば、低刺激かつ、紫外線をカットする働きもあるため、おすすめです。

肌の紫外線対策は下記の記事で詳しく紹介しています。

紫外線

敏感肌の人が紫外線から肌を守るには?意外と間違いやすいUVケアについて

2018年8月3日

生活習慣や体調管理に気を付ける

寒いと唇が真っ青になってしまうように、体のダメージが唇にあらわれることは珍しくありません。食生活の乱れによる栄養不足、免疫力の低下は唇にも表れます。

睡眠不足やストレスによるホルモンの乱れや、喫煙による刺激も、唇には良い影響を与えません。

また、乾燥するからと唇を舐めてしまう、皮をむいてしまう行為も、強いダメージになります。リップケアは普段の生活習慣や体調によっても左右されるため、思い当たることがないか見直してみましょう。

食生活については下記の記事で詳しく説明しています。

食生活

あなたの食生活は大丈夫?敏感肌の人に本当に必要な2種類の栄養素

2018年8月9日

敏感肌でも使いやすいリップクリームとは?

敏感な唇にはケアは必須。より安全性の高いリップクリームを使用すれば、より安心できるでしょう。

成分や塗り心地の柔らかさにもこだわった製品を3つ、ご紹介します。

ワセリンピュアリップ

低刺激かつ、白色ワセリン100%のリップクリームです。白色ワセリンは、皮膚科で保湿剤として処方されることもあります。

他のリップクリームで刺激が出てしまう方は、白色ワセリン100%を試してみるのもいいかもしれません。ただし、全ての人が刺激を感じずに使えるとは限らないため、自分に合うか慎重にチェックしてみましょう。

チューブ状の容器に入った柔らかなクリームのため、固いリップスティックのように刺激を与える心配もありません。チューブの先が、そのまま唇に塗れるように斜めにカットされています。容器を直接塗ってもいいですし、指先にとって塗布してもOKです。

DHCの薬用リップクリーム

ロングセラー商品のDHCの薬用リップクリーム。大手化粧品通販会社DHCの定番商品です。塗り心地が柔らかく、細いスティック状のため、デイリーに使いやすいことが人気の理由かもしれません。

オリーブバージンオイルを配合し、アロエエキスやビタミンEなどの保護成分を配合しています。これらは皮脂に似た油性成分のため、唇になじみやすいという特徴も。

抗炎症作用効果のあるグリチルレチン酸も配合されているため、リップが荒れやすい方にも使いやすい一品です。

Dr.ブロナーマジックオーガニックリップバーム

オーガニック認証の天然成分を100%配合したリップバームです。アボカドオイルやホホバオイルが配合されているため、唇の縦ジワが気になる人にも保湿効果が期待できます。

また、UVカット成分が配合されているため、紫外線対策にも使えます。やわらかで塗りやすく、小さな容器はポケットにも忍ばせやすいもの。

さらに植物由来の天然香料を使用し、6種類の香りの中から、好みのものを選ぶ楽しさがあります。

 リップメイクもしたい!敏感な唇に使えるカラーリップ3選

唇が敏感だと、リップメイクは難しいと思っていませんか?安全性の高い成分を配合したリップ商品なら、唇のダメージを気にせず使用することもできます。

外的刺激から唇を守りつつ、ツヤやカラーで美しく見せてくれるリップ商品を3つ、ご紹介します。

24h cosme「ミネラルルージュ」

24時間メイクをオフしなくても、肌に負担をかけない成分を配合している24h cosmeシリーズ。そんな24h cosmeから発売されているミネラルルージュは、タール系色素や石油系界面活性剤、鉱物油などが配合されていない商品です。

口に入ることを考慮し、安全性にこだわって開発された商品です。さらにミネラルルージュはリップのみでなく、チークやアイカラーとしてマルチに使えます。

化粧ポーチにこれ一つ入れておけば、敏感肌を気にせず、ポイントメイクをこれ1本で完了させることもできます。

ハイム「ナチュラル リップルージュ」

プチプラ価格でありながら、低刺激で敏感な唇も華やかに彩ってくれるルージュです。タール系色素を使用せず、セラミドやアミノ酸など、肌になじみやすいうるおい成分を配合しています。

きちんとした場に似合う口紅をお探しの方には、ピッタリかもしれません。

トレンドホリック オーガニックカラーリップ

ナチュラルな色味の色付きリップです。カラーは薄めですが、くすんだ唇を血色良く見せたい、自然なリップメイクがしたい方にはちょうどいいかもしれません。

落ち着いた色味と軽いつけ心地で使いやすいうえに、ツヤが出るため、唇のシワやくすみが気になる方にも使いやすいでしょう。

まとめ

唇はとっても荒れやすいだけに、ケアをせずに放っておくと、よりダメージを大きくしてしまいます。保湿力の高い製品で丁寧にケアをしながら、紫外線にも十分気をつけてみてください。

リップケアは敏感肌でなくても難しいもの。大切に扱ってくださいね。