ファンデよりも肌に合う?敏感肌にBBクリームをすすめる理由とは

BBクリーム

発売されてから高い人気を誇り、今ではベースメイクの一つとして定着したBBクリーム。当たり前のように使っているBBクリームですが、実はよく知らないなんて方もいるのでは?

その歴史や人気の理由とともに、敏感肌でも使いやすいBBクリームをご紹介します。

BBクリームは医療用!?人気が出た意外な理由とは

韓国コスメから人気が出て、今では一般的になったBBクリーム。ベースコスメとして愛用している方も多くいるでしょう。

BBクリームは、実はドイツ発祥のクリームです。日本では存在しなかったBBクリームは、韓国を経て日本に伝わり、今では日本メーカーも製造するように。

メイク用品として定着していますが、もともとはドイツでは皮膚科にて作られた、特殊なファンデーションでした。

BBクリームは、ピーリングした後のお肌を保護するために開発されたもの。医療用に使われているファンデーションだからこそ信頼性も高く、コスメブランドが目をつけたと言われています。

特に韓国は整形大国とも言われているほど、整形手術やピーリングを始めとした医療施術を受ける方が多いもの。だからこそ赤みのひかない肌や、肌の修復をカバーするファンデーションが必要とされたのでしょう。

韓国コスメが日本でも人気が出るようになり、日本進出してくるメーカーも増えました。BBクリームの保湿力とカバー力に人気が集まり、早々に定番コスメとして定着するようになったのです。

ファンデーションとBBクリーム、敏感肌はどっちを使うべき?

ベースメイク

リキッドファンデーションやクリームファンデーション、これらのタイプとBBクリームはなにが違うのでしょうか?

見た目と質感がそっくりなこの2つ、敏感肌はどちらを使用したらいいのか悩むことも。では、ファンデーションとBBクリームの違いと、敏感肌の向き・不向きをチェックしてみましょう。

成分

BBクリームはお肌の保護を重視しているため、保湿成分がファンデーションよりも多く配合される傾向にあります。

商品にもよりますが、植物性オイルやヒアルロン酸、スクワランなど、保湿成分の中でも、肌にやさしい成分を選んで配合することが多いようです。

一方、ファンデーションにも保湿成分が含まれるものもありますが、BBクリームほど重視してはいないでしょう。

崩れにくさや皮脂によるくすみを防ぐものが多く、肌に安心な成分よりも、持ちの良さや美しさを求める人をターゲットにしています。

カバー力

どちらもカバー力を持ったベースメイクコスメですが、比べてみるとファンデーションの方が機能は勝るはず。BBクリームには美容成分や保湿成分などを配合する分、着色料を多く配合することが難しくなります。一方のファンデーションはカバー力を重視しているため、着色料をしっかりと配合しています。

ひと塗りでシミやくすみ、毛穴までもサッと隠す機能が求められているため、カバー力は強めに。ただし、敏感肌には負担が大きくなる可能性があります。

長時間使用

長時間使用にて、見た目の美しさを求める場合には、ファンデーションの方が優秀かもしれません。崩れにくさやくすみにくさをアピールした商品ならば、朝にメイクしても夕方までキレイな状態をキープさせることも。

一方のBBクリームは、持ちの良さまでは重視していないため、皮脂と混ざって崩れやすくなる恐れもあります。ただし、保湿成分を含んでいるため、長時間うるおいをキープさせることも。化粧直しが必要にはなるものの、乾燥が気になる方には、BBクリームの方が安心かもしれません。

 

カバー力や長時間の美しさをキープするのには、ファンデーションの方が優秀な商品がそろっています。ただし、保湿力や美容成分の多さは、BBクリームの方が優れていることが多いようです。

メイク直しせずに、長時間美しく見せたいときにはファンデーションを、デイリー用には肌に良い成分を含んだBBクリームを・・・と、上手に使い分けてみてください。

ファンデーションを探す場合は以下の記事も参考にどうぞ。

ファンデーション

敏感肌でも使える!?おすすめファンデーションと選び方をご紹介

2018年9月10日

BBクリームが敏感肌にもおすすめできる理由

BBクリームの良さは、1つでいくつもの役割を担っていることです。化粧水の後にはこれ一つだけで済み、乳液やクリーム、美容液がいりません。下地もコンシーラーも使わず、BBクリームを塗るだけでベースが完成してしまいます。

手順が少ないからこそ肌への摩擦も少なくなり、刺激を減らすことができます。何度も塗りこむ作業は、肌にとっては負担が大きいもの。1回で多くの工程を完了させてしまえるのは、敏感肌にとってはうれしいことです。

さらにBBクリームの多くはメイクオフしやすいものが多く、石鹸や洗顔料のみで落とせる商品もめずらしくありません。

強いクレンジング剤を使用したり、こすり洗いをしたりしないで済むのも、やはり肌には良いこと。BBクリームそのものよりも、肌にやさしい使い方ができることが、敏感肌におすすめできる理由です。

※クレンジング不要なファンデーションを探している方は、以下のVINTORTEのミネラルシルクファンデーションなどを検討してみてください。

ヴァントルテ

クレンジング不要!VINTORTE(ヴァントルテ)の敏感肌向けファンデーションが本当におすすめ

2018年12月21日

選ぶのが難しい?敏感肌向けのBBクリームとは?

爆発的に進化をとげ、あっという間に定番ベースメイクとなったBBクリームには、数多くの商品が存在します。なかでも敏感肌にも使いやすいBBクリームを探してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ラロッシュポゼ UVイデアXLプロテクションBB

敏感肌にも使えるBBクリームとして発売されている、ラロッシュポゼのUVイデアXLプロテクションBB。SPF50+/PA++++と、高いUVカット機能を持ったクリームです。

肌のバリア機能を壊してしまう紫外線からしっかりとお肌を守るため、外出時間が長い敏感肌の方、紫外線に弱い方におすすめです。

カラーは2色展開。しっかりとカバーし、シミや肌の色ムラが気になる方にも使いやすいタイプでしょう。肌をトーンアップさせ、明るく見せてくれます。

低刺激処方で、肌をやわらげる整肌成分を配合しています。気になるところをカバーしながら、敏感肌には不足しがちなバリア機能をサポートしてくれるのは嬉しいもの。

クレンジング不要で洗顔料のみで落とすことができるため、肌を傷めるリスクを減らすこともできます。

アベンヌ デイプロテクターBB

日中美容液としてアベンヌから発売されている、デイプロテクターBB。日常使いにちょうどいい紫外線カット力と保湿力を持ち合わせた、バランスの良いBBクリームです。

深層ミネラル温泉水を配合し、低刺激処方の肌にやさしいクリームです。保水力に自信があるため、使い続けるほどにバリア機能を整えるとのこと。乾燥しやすい敏感肌の方ならば、期待が高まってしまいます。

カバー力を強めず、光の屈折を利用して、肌の色ムラをカバーします。濃い着色料ではなく、キラキラパールを2種配合することにより、肌をぼかして明るく見せるとのこと。

ナチュラルかつ、スキンケアの延長として使いやすいBBクリームです。

ちふれ BBクリーム

プチプラコスメ派にはうれしい、ちふれのBBクリーム。カラーは3色展開で、ピンク系の肌色の方にも嬉しいカラー展開になっています。

ちふれの美容液と同じヒアルロン酸とトレハロース、オウゴンエキスを加えた、しっとりとした使い心地のBBクリームです。

カバー力は高くありませんが、日常使いや休日メイクにと使用している方も多いようです。秋冬にはオイルやクリームを足して使ったり、真夏にはルースパウダーを重ねてテカリを抑えたりと、工夫を施してまでベースメイクに使用している方も。

「敏感肌でもこれだけは肌荒れしなかった」という方もいるため、試して欲しい一品です。

まとめ

肌にやさしいベースメイクを求めつつも、やはり敏感肌にあらわれがちな赤みや色ムラは隠したいもの。お肌のカサカサや皮むけをカバーする保湿力と、うすいシミぐらいならば、サッと補正してしまうカバー力は頼もしいもの。

ベースメイクを見直す際には、ぜひBBクリームも検討してみてください。