敏感肌に向かないメイク落としとは?選び方とおすすめ4商品も紹介

メイク落とし

「すこやかな肌のためには、メイクはしっかりオフしなければ!」そんな美意識の高い方も多いでしょう。デリケートな肌を持ってしまったからこそ、メイク汚れをしっかりと落とし、清潔な肌を保つことが肌に良いことと、信じている方もいます。

ですが、そのメイク落としによって、ますます肌が傷ついてしまうこともあります。

きちんとオフしているのに、良いスキンケア商品を使っているのに、肌の状態がなかなか回復しないという方は、メイク落としに問題があるのかもしれません。

ぜひ、肌に負担をかけにくいメイク落としの方法と選び方、敏感肌だからこそ選びたい商品について、知っておいてください。

敏感肌には向かないメイク落としとは?

まずは、クレンジング剤の選び方を知っておきましょう。クレンジングにもさまざまなタイプがありますが、敏感肌には向かないタイプもあります。選び方の目安として覚えておいてください。

敏感肌にあまりおすすめできないのが、ふき取るクレンジングシートタイプと、水溶性のジェルタイプです。

手軽で便利なシートタイプは、肌に摩擦がかかるため、肌を傷つけてしまいがちです。特にしっかりメイクをふき取ろうとすると、ついつい力が入ってしまったり、強くこすってしまったりすることも。そのため、極力使用を控えた方がいいでしょう。

また、水溶性のジェルタイプは使用感が軽く、肌にも優しいイメージがありますが、油性成分が少ないために、メイクとなじみやすい界面活性剤を多く含む製品もあります。クレンジング力自体が弱いため、何度もこすってしまうリスクもあるでしょう。

敏感肌タイプが選ぶべきメイク落とし

選択

敏感肌の人は、メイク落としに肌に刺激を与えない低刺激のものを選ぶのがおすすめです。敏感肌向けはもちろん、肌の皮脂を取り過ぎない、乾燥肌向けタイプに注目するのもいいでしょう。

アレルギーテストや、パッチテストがおこなわれたものを選ぶと、より安心です。

洗いあがりがつっぱらないものがおすすめですが、クレンジングミルクやクリームが必ずしも良いとは限りません。しっかりメイクをする人が、うるおいはあっても洗浄力の低いクレンジング剤を選べば、メイクをキチンと落としきれないこともあります。

また、そういったクレンジング剤を使うと、何度もこすったり、適切な使用量を超えてたっぷりと塗布したりと、肌に必要以上の負担をかけてしまうことに繋がります。

メイクと洗浄力が合っているかを重視し、クレンジング剤を選んでみてください。

目元のメイクだけ落としにくいのならば、ポイントリムーバーを使用するなど、ベースとポイントメイクで、クレンジング剤を変えてみるのも有効です。

自分のメイクを見極め、数あるクレンジング剤から適したものを探してみましょう。

クレンジングオイルは肌に良くない?

クレンジングオイル

ベットリとした質感のオイルは肌に負担をかけてしまい、敏感肌には良くないのでは? と避けてしまう方もいますよね。特にニキビなどに悩まされている方は、油っぽいクレンジング剤はよくないと考える方もいるでしょう。

ですが、メイク自体が油性成分でできているため、オイルを顔に塗布しているのです。オイル汚れをオイルでなじませて落とすことは、とても自然なこと。

落ちにくい水溶性のメイク落としでいつまでも肌をこすり続けるよりも、クレンジングオイルをすばやくなじませ、メイクと一緒に洗い流してしまった方が、肌には負担がかかりにくいこともあります。

オイルでもクリームでも、落とし方を知っていれば、メイクとともにキチンとオフすることができるため、避ける必要はありません。

お使いのアイテムでメイクが落ちにくいと感じているのならば、オイルクレンジング剤を試してみるのもいいでしょう。

肌に優しいメイク落としのコツ

良い製品を選んだとしても、使い方が間違っていれば肌を傷つけてしまいます。優しくメイクを落とすコツについて、知っておいてください。

  • 指でゴシゴシこすらない。中指や薬指を使うのがおすすめ。
  • 使用量を守ること。少なすぎると指による摩擦がかかり、多すぎると洗い残してしまいます。
  • すばやく顔全体になじませ、すぐに洗い流すこと。時間をかけるほどに、肌に負担をかけます。
  • すすぎ洗いは熱いお湯を避け、ぬるま湯でおこなうこと。
  • 石鹸か洗顔料で、W洗顔をすること。
  • タオルでゴシゴシこすらず、そっと顔に当てて水分を吸わせること。
顔の汚れはクレンジング剤だけですべてを落とそうとせず、洗顔料を使用したW洗顔でオフしましょう。また、クレンジングからタオルオフまでは、肌をこすり過ぎないことを心がけてください。

※洗顔方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

洗顔

その肌トラブルの原因は洗顔方法?正しい洗顔のやり方を紹介!

2018年8月1日

メイクを落とした肌は無防備なもの。すぐにスキンケアを始めてくださいね。

敏感肌におすすめのメイク落とし商品4選

敏感肌の方でも、肌をいたわりながら使用できる商品を集めてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

こすらずに、なでるだけでメイクをオフしてしまうクレンジングオイルです。オイルだけですばやく落としてしまうため、肌をゴシゴシこすらずに済みます。

角栓までケアしながらも、うるおいをキープする処方もされているため、クレンジングと保湿の両方を叶えてくれる、肌に優しいクレンジングオイルです。

無添加製品であることはもちろん、成分にもこだわり続けて作られています。ロングセラー商品なだけに、信頼できる品質とも言えるでしょう。

アベンヌ ジェントル クレンジングミルク

乳液タイプのため、肌にすばやくなじませてメイクをオフすることができます。2WAYタイプのため、洗い流してもふきとっても構いません。

たっぷりの乳液をなじませ、ティッシュでやさしくふき取るため、シートタイプのように摩擦を与えずに済みます。洗い流しで乾燥してしまう方は、ティッシュオフでクレンジングする方法を試してみるのもいいでしょう。

外部刺激によって熱を得た肌を、温泉水によって沈め、リフレッシュさせる働きがあります。肌の代謝機能を整えることにより、なめらかな肌をキープすることができるでしょう。

ジュレリッチ エクストラ ジュレクレンジング

天然由来保湿成分を配合した、ジェルタイプのクレンジング剤です。肌に塗布するとオイルのような質感でメイク汚れを絡ませ、すっきりと落とします。保湿効果が高く、使用感が良いとの声が多いアイテムです。

美容成分が多く配合されているため、乾燥肌や年齢肌が気になる方に向いています。使い続けるほどに、肌の質感が整うようになり、敏感肌でもスキンケアのような効果を感じることができます。

ノブⅢ クレンジングクリーム

敏感肌向けブランドNOV(ノブ)のクレンジングクリームは、スクワランやヒアルロン酸Naが配合されているため、保湿効果に重視したクレンジングクリームです。

刺激を与えず、しっとりとした肌のうるおいを守りながら、メイクを落とすことができます。また、グリチルリチン酸2Kを配合しているため、ニキビや肌荒れなどの炎症を起こしやすい肌にも使用できます。

クリームが少し固めのため、手のひらで伸ばし、温めてから顔に塗布すると使いやすいでしょう。洗い流しても肌がつっぱらず、うるおいを保ってくれるクレンジングクリームです。

まとめ

メイク落としは、脂汚れを落とす強力なもの。肌に負担をかけてしまうものも多くあります。デリケートな肌を傷つけないよう、選び方には慎重になった方がいいかもしれません。

有効な成分が入った美容液よりも、肌に優しいクレンジング剤を選んだ方が、肌の調子を整えることができるでしょう。ぜひ、自分に合ったメイク落としを選んでみてください。