低価格だけど安心!敏感肌にちふれ化粧品が人気の理由

ちふれイメージ

ブランドが誕生してから、50年にもなる「ちふれ」。「高品質かつ低価格」というちふれのコンセプトは、実は設立当時から掲げられているものです。

その品質の良さから、敏感肌の方でも愛用している方は多くいます。ですが、まだ使ったことがなければ、「価格が安いものは、肌に合うか心配」と思う方も。

ちふれの品質は本物なのか? 興味はあるけれど、敏感な肌だけに心配という方に、ちふれの詳細をしっかりとご説明します。

ちふれとは?

スーパーやドラッグストアの化粧品コーナーにある「ちふれ」。一昔前には、スーパーで安価に売られていたことから、「コスメにお金をかけたくないお母さんが買うもの」として認識していた方も。

ですが、ドラッグストアやバラエティショップが増え、ネットやSNSでの多くの口コミが増えたことから、プチプラコスメの人気に火がつきました。

そんななか、古い歴史を持つちふれにも注目が集まり、その品質の良さが多くの人を驚かすようにも! 昔から親しまれてきたちふれは、今では年代を問わずに愛されるブランドに成長しました。

ちふれが高品質低価格と言われているのはなぜ?

ちふれの化粧品はとっても低価格。スーパーやドラッグストアで売られているため、食料品や雑貨を購入するついでに、気軽にカゴに入れられてしまうほどの価格です。

ですが、使ってみると肌によくなじみ、高級なデパコスよりも有能と感じる人も。今でこそ、プチプラコスメのコスパの良さが認められるようになってきましたが、ちふれはその先駆けブランドの一つと言えるのかもしれません。

「低価格=低品質」という思い込みを変え、価格と品質は決して比例しないことを証明しました。では、なぜ低価格にもかかわらず、品質の良い化粧品を作ることができたのでしょうか?

ちふれが低価格である3つの理由

ポイント

ちふれが品質を保ちつつも低価格を実現しているのには、下記の3つの理由があります。

1.流通経路がシンプル

ちふれは流通システムを見直すことにより、費用をかけずにお客様の手に渡るルートを探りました。流通コストをカットすることにより、小売り側のコストを商品に上乗せしないよう工夫してきたのです。

2.過度な宣伝を行っていない

ちふれは過剰なCMや雑誌への広告掲載などを積極的に行っていません。これは、ちふれのブランドイメージからかけ離れた営業戦略だからという理由だけでなく、メディアへの露出には莫大な広告費がかかるからです。

過度な宣伝をしないからこそ、商品自体を低価格に抑えることができます。

3.パッケージにお金をかけていない

誰もがちふれのパッケージを見て、「なんてシンプルなんだろう」と感じてしまうはず。数々のコスメが女性の心をくすぐるように、キレイにかわいく、ときにはゴージャスにデザインされているにも関わらず、ちふれはその対極にあります。

ちふれと同価格のプチプラコスメたちも、常にデザインを変え、購入者の目を楽しませているもの。ですが、ちふれはいつまでも、シンプルな外見を変えようとはしません。

ちふれはパッケージをシンプルに統一してしまうことにより、徹底的なコストカットを行っています。パッケージのデザインや度重なる変更、種類を増やすことはお金のかかること。

シンプルな外装だからこそ、中身にじっくりとコストをかけることができるのです。

 

私たちが使用している化粧品には、原料の価格だけでなく、さまざまな費用が上乗せされています。もちろん、それらはブランドにとっては必要な経費。

ですが、ちふれは設立当時から中身にこだわり、品質を優先させてきました。ちふれにとっては低価格ではなく、適正な価格。

ただの低価格では利益を得ることができずに廃業してしまうか、お客様の信頼を失ってしまうでしょう。長い歴史を育むほどの企業であることから、高品質かつ適正価格であることが理解できます。

ちふれの品質保証は敏感肌にも安心

ちふれがいくら「高品質です」と主張しても、そのまま受け取れない方もいるでしょう。まして敏感肌をお持ちの方なら、化粧品に対して慎重になるのは当たり前のこと。

ちふれの品質が確かなのは、全成分や情報をすべて開示しているためです。

全成分と分量、なぜこの成分を配合したのかを公開し、製造年月日も容器に印刷しています。他化粧品ブランドでも全成分表示をおこなっていますが、これは2001年に国の法令で義務付けられたため。ちふれはその前から表示しています。

さらに、0.01%単位にしか配合していない成分までも開示してきました。ユーザーが自分の目で確認し、自分に合うものを選ぶことができます。

健康な肌にとっては、なんてことのないわずかな成分も、敏感肌には刺激になることも。毎日使い続けたい化粧品だからこそ、どこまでもチェックし、納得したうえで使いたいと考えるでしょう。

一方的に品質の良さを伝えるだけでなく、使う人がきちんと確かめることができるよう、工夫されています。ブランドと顧客の信頼関係が保てるからこそ、信用してデリケートな肌に使うことができるのでしょう。

敏感肌におすすめ!ちふれのスキンケア化粧品とは?

品質には定評のあるちふれですが、敏感肌ならばさらに吟味して選びたいもの。数ある商品の中から、おすすめの商品をピックアップしてご紹介します。

泡洗顔

低価格ブランドでありながらも、泡で出てくるポンプタイプの洗顔料もあります。自分で泡立てなくても、キメが細かいもっちりの泡がそのまま出てくるため、サッと洗顔したい人にも便利でしょう。

敏感肌ならば、洗顔時の摩擦は極力抑えたいもの。弾力のある泡を使えば指で摩擦する心配もなく、泡が汚れをやさしく吸着してくれます。やさしい洗い心地を守りつつ、汚れもしっかり落としてくれるのは嬉しいもの。

アミノ酸系洗浄成分を配合しているため、肌のうるおいを守りながら洗顔することができます。

化粧水 ノンアルコールタイプ

ちふれには様々な化粧水がありますが、敏感肌ならばノンアルコールタイプがおすすめです。ピリピリとした刺激を感じず、肌をやさしく包み込んでくれるでしょう。

保湿成分であるヒアルロン酸とトレハロースを配合しています。やさしい感触が嬉しいのですが、保湿としてはこれだけでは足りないと言う方も。

洗顔後すぐのプレ化粧水として使用するか、他保湿アイテムでしっかりケアするのがおすすめです。

他にも美白化粧水や濃厚なエイジング世代向けの化粧水もありますが、成分の配合が変わることによって、肌に影響が出る方もいます。

全成分と配合量をチェックし、心配な成分がないかチェックしてから使用しましょう。

保湿クリーム しっとりタイプ

化粧水同様、ヒアルロン酸とトレハロースを配合したクリームです。ミネラルオイルとマカデミアナッツ油、グリセリンも含んでいるため、しっとりとした保湿力があります。

朝に使用する場合には、1回ティッシュオフしてからの方がメイクしやすいです。夜はたっぷりめに塗れば、寝ている間にも、乾燥から肌を守ってくれます。

まとめ

ちふれの商品はとっても安いにもかかわらず、多くの商品には詰め替え用があります。これはコスパが良いだけでなく、環境にも優しいこと。ブランドの真摯な姿勢が感じられます。

また、スキンケア商品だけでなく、多くのコスメ商品もあります。確かなブランドのメイクアップ商品も楽しめるのは、敏感肌とってはうれしいもの。

まだ使ったことのない方は、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか?