敏感肌でも使える!?おすすめファンデーションと選び方をご紹介

ファンデーション

敏感肌でもメイクはしたいもの。特にお肌をキレイに見せてくれる、ファンデーションが必要不可欠という方もいるでしょう。

敏感肌の場合、肌に長時間塗布するファンデーションは控えた方がいいとの声があります。ファンデーションのようなメイク用品が、デリケートな肌をより悪化させてしまうのでは? と心配される方もいるでしょう。

しかし、敏感肌だからこそ肌の欠点を隠し、キレイに見せたいと願う方も多いでしょう。たとえメイクであっても、すこやかな肌を作ることで、気持ちが前向きになることもあると思います。

そんな敏感肌をお持ちの方でも、無理せずメイクアップできるファンデーションの選び方をご紹介します。さらに、おすすめの商品もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションはどっちがいい?

パウダーファンデーション

ファンデーションにはさまざまなタイプがありますが、大きく分けてパウダータイプとリキッドタイプがあります。

パウダータイプはつけ心地が軽く、サッとすばやく塗布できるのがメリットです。メイクが崩れてもすばやくお直しができるため、持ち歩きにも適しています。

リキッドタイプはカバー力が強く、気になるシミや赤みを隠しやすい特徴があります。油分と水分が多く、しっとりと肌が潤った状態をキープすることもできます。

敏感肌にはどちらのタイプが向いているのでしょうか? カバー力が高く、保湿効果のあるリキッドファンデーションを選びたくなる方も多いと思いますが、おすすめはパウダーファンデーションです。

肌の上にフワリとまとわせるため、刺激が少なく、メイクアップ時に肌を痛めつける心配がありません。さらにメイクオフもしやすく、普通のクレンジングと洗顔でファンデを落とすことができるでしょう。

一方のリキッドタイプは、肌に塗布する際に、指で何度も肌をこする可能性が高いです。また、長時間のメイクで油分が劣化し、古い皮脂と混ざって肌に刺激を与える可能性も。

メイクオフには強いクレンジング剤や、しっかりとした洗顔を必要とするため、肌にダメージを与えてしまうことも予測されます。

パウダーファンデーションの方がリスクは少なく、敏感肌にとっては使いやすいアイテムかもしれません。

敏感肌でもリキッドファンデーションを使いたい!

リキッドファンデーション

パウダータイプの方が負担は少なく、使いやすいとは分かっていても、やはりリキッドタイプを好む方もいるでしょう。

パウダーが作るマットな肌よりも、ツヤ肌の方が好み。ひと塗りでシミや毛穴をカバーしたい。または、カサつく肌をしっとりとさせたいという方も多いかもしれません。

肌が敏感なばかりにできてしまった赤みやシミ、カサカサ感を隠したいときには、やはりしっとりとした使い心地のリキッドファンデーションが頼りになります。

パウダーファンデーションの方がリスクは少ないものの、敏感肌の方がリキッドファンデーションを使ってはいけないというわけではありません。

敏感肌の方でも、使えるリキッドファンデーションを選べば、メリットを感じながら安心して使用することができるでしょう。

リキッドを選ぶ際には、下記の成分についてチェックしてみましょう。

  • 低刺激性、紫外線吸収剤
  • アルコール、パラベン(防腐剤)
  • 香料、合成着色料
  • 酸化亜鉛
これらの配合物に注目し、できるだけ配合されていないものを選ぶことで、お肌に負担をかけずに済みます。

また、保湿効果のあるものや、クレンジングしやすい処方のものを選べば、敏感肌でもツヤ肌を楽しむことができます。

敏感肌に最適!おすすめのパウダーファンデーション

敏感肌でも使いやすい、おすすめのパウダーファンデーションをご紹介します。

VINTORTE(ヴァントルテ)ミネラルシルクファンデーション


下地不要でクレンジング不要、なのにピュアシルク配合でうるおうというミネラルファンデーションです。

敏感肌でも使えるように、紫外線吸収剤や界面活性剤など10種の成分を含まないフリー処方となっているので、肌に優しい使い心地です。

以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてください。

ヴァントルテ

クレンジング不要!VINTORTE(ヴァントルテ)の敏感肌向けファンデーションが本当におすすめ

2018年12月21日

エトヴォス タイムレスシマーミネラルファンデーション

極力肌に触らず、負担をかけない処方になっているため、肌を労わりたい方におすすめです。赤みやシミのカバー力に特化し、保湿力高めに処方されています。

下地なしで直接肌に塗ることができ、クレンジング不要で石鹸とぬるま湯で落とせるファンデーションです。重ねるとツヤが出過ぎてしまうため、ひと塗りでサッと伸ばすのがコツです。

アクセーヌ シルキィモイスチュア ファンデーション

マットで厚塗り感が出てしまう場合には、ブラシでフワっとのせる、カバーしたい箇所のみ使うという方法がおすすめです。

色素が直接肌に触れないよう、処方されたファンデーションです。カバー力が強く、乾燥しにくくて崩れにくいとの声も。

全6色にカラーが展開されているため、自分の肌に合ったカラーを探しやすいでしょう。

無印良品 しっとりなめらかUVファンデーション

その名の通り、パウダーながらしっとりタイプのファンデーションです。うるおい成分にヒアルロン酸Naを配合し、乾燥肌でも使いやすい処方に。

ナチュラルなカバー力と、お試ししやすい価格が魅力です。

敏感肌でも使いやすい!おすすめのリキッドファンデーション

敏感肌でも使える、おすすめのリキッドファンデーションをご紹介します。

dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(リキッド)

敏感肌用ブランドから生まれたこちらのリキッドファンデーションは、医薬部外品の薬用処方になっています。

肌荒れをケアすると同時に、ニキビを予防する処方もされています。スキンケア成分を70%配合し、化粧ノリの悪い肌にもフィットしやすいファンデです。

セザンヌUVリキッドファンデーション

無添加処方で刺激が少なく、敏感肌でも使いやすい処方がされています。二層式のため、崩れにくいのも特徴です。カバー力が強く、マットな仕上がりに。肌になじませた後は、サラサラします。

色展開が少なく、肌に合わせにくい方もいるかもしれませんが、ワンコインちょっとで購入できる価格が人気です。

ファンデーションを使用する際に注意すること!

肌と相性の良いファンデーションを選んでも、使い方を間違ってしまえば肌に負担をかけてしまうことも。使い方には十分に注意しましょう。

スポンジや指で強くこすらない

肌が動いてしまうほど強くこするクセがある方は要注意です。鏡を見ながら力加減を確認しましょう。強く叩く、何度も重ねるという行為も、肌にとっては負担になります。

清潔なスポンジや筆を使う

使用したあとに1回ずつ洗う必要はありませんが、定期的に洗浄してしっかり乾かしたものを使用してください。

指や手のひらで肌を触る場合にも、キチンと手を洗い、清潔な手で触れるようにしましょう。

使用期限を守る

化粧品には使用期限があります。未開封なら3年、開封済なら1年以内の使用に留めてください。

ファンデーションは油分を含んでいるため、空気に触れると酸化しやすいもの。清潔に使用しているつもりでも、すべての埃や雑菌の侵入を防ぐことは難しいでしょう。

また、敏感肌向けの商品はパラベン(防腐剤)を配合していなかったり、配合していても量が少なかったりすることから、防腐しやすいこともあります。

使い切れなくても、肌のためには買い替えた方が安全だということを覚えておいてください。

1日の終わりには、パウダー・リキッドともにファンデーションはきちんと落とすことが大切です。肌に負担がかからないよう、すばやく優しく落とすよう心掛けてください。

まとめ

肌が敏感でも、ファンデーションによるメイクアップ効果を楽しみたい方も多いでしょう。安心できる、相性の良いファンデーションを使用すれば、美しい肌を作ることも難しくありません。

クレンジングや使用方法に注意し、お気に入りのファンデーションで、表情を輝かせてくださいね!