敏感肌が柔軟剤を使うのはNG?赤ちゃん服にも使える柔軟剤を探してみた!

柔軟剤

敏感肌であると、肌に触れるものには慎重になってしまうもの。スキンケアやボディケア商品はもちろん、身に着ける衣服の素材や洗濯洗剤、柔軟剤にも気をつけたいものですよね。

衣類の質感を良くして、心地よい香りをつけてくれる柔軟剤は使用したいけれど、肌に合わなかったら? と、心配になることもあるでしょう。使いたいけれど、お肌のためにと控えている方もいるのでは?

そこで、敏感肌でも使える柔軟剤と、肌に刺激を与えない柔軟剤の注意点についてまとめました。選ぶ柔軟剤と使い方によっては、肌をピリピリさせずに済むかもしれません。ぜひ、参考にしてください。

敏感肌に柔軟剤はNG?

敏感肌なら、余分な成分を肌に付着させるのは避けたいもの。柔軟剤の成分が衣類に付着し、肌に悪影響をもたらすことも考えられます。ですが、衣類を柔らかく仕上げ、優しい香りをまとわせたいと希望する人もいますよね。

衣類がゴワゴワしているよりも、優しく柔らかな質感の方が、肌への当たりが優しいこともあるので、必ずしも、柔軟剤が敏感肌には向かないとは限りません。

また、衣類の吸水性が弱く、汗を吸わないものは肌には良くありません。汗による刺激が肌にかゆみを与え、より敏感にさせてしまう恐れもあります。柔軟剤を使用して汗の吸水を良くすることは、肌にとっては嬉しいもの。敏感肌にとっても、柔軟剤を使うメリットはあります。

その使い方と商品の選び方を知っておけば、安心して使える商品もあるため、一概にNGと考えなくても大丈夫です。

敏感肌の人が知っておきたい界面活性剤のこと

液体洗剤イメージ

柔軟剤だけではなく、スキンケア商品にも使用されている界面活性剤。極力フリーになったものを選ぶのが、肌には良いと考える方も多いでしょう。

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせることができる成分のことです。溶け合うことのない両方を混ぜ合わせることができるのが界面活性剤の働きであり、界面活性剤があるからこそ、さまざまな商品を作り出すことができます。

また、界面活性剤には種類があり、刺激が強いものの、殺菌性に優れているものから、刺激が弱くて使いやすいものまであります。

一般的に、洗濯洗剤や柔軟剤において殺菌作用や静電気防止機能のあるものは、刺激の強い陽イオン(カチオン型)の界面活性剤が使用されていることが多いもの。成分名ならば、「~アンモニウム」と記載されています。

刺激は強いものの、柔軟剤を始め、トリートメントやコンディショナーなど、使用後に水で洗い流してしまうものに使用されています。

このため、肌には成分が残りにくく、普通の肌の方であれば刺激を感じにくいでしょう。ただし、敏感肌の方にとってはわずかな洗い残しでも、肌に大きな刺激を与えることがあるため、注意が必要です。

陽イオンタイプの柔軟剤、帯電効果や殺菌性をアピールした商品を避けた方が安全でしょう。

香料の強い柔軟剤には注意

柔軟剤と言えば、香水のように香る柔軟剤を思い浮かべる人も多いでしょう。少し前までは、衣類を柔らかく整え、吸水性や静電気防止効果を高めるためのものでしたが、最近では衣類を香りづけするために購入する方も増えました。

市販の香り付き柔軟剤は、合成香料が多く配合されています。これは、天然の精油を配合してしまえば、価格が高騰してしまうため、安価に配合できる合成香料の方が採用されやすいからです。

衣類が香るということは、衣類に合成香料が付着しているということ。当然、肌にも成分が付着し、刺激を与えないとは言い切れません。

敏感肌ならば、肌に刺激を与える成分は少しでも排除したいもの。また、強い香料は香害となり、他の方への迷惑になることもあることから、積極的に使用する必要もないのかもしれません。

自分の大切な肌や、強い香りが苦手な方にまで影響を与えてまで香料にこだわりたいかを考え、柔軟剤を選んでみましょう。

敏感肌でも使える柔軟剤はある?おすすめの商品をご紹介

昨今の柔軟剤は香りが強く、衣類の質感や刺激について配慮されていないのでは? と疑ってしまう商品が多く存在します。

ですが、赤ちゃんやお年寄りなどの肌が強くない方、敏感で肌に悩みのある方に向けた商品もちゃんと存在しています。今回は、敏感肌の人でも使いやすい柔軟剤を集めてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

ライオン ケアベール

ライオンのファブリックケア研究所と帝京大医学部、信州大繊維学部と共同に研究して開発された柔軟剤です。

衣類がこすれて摩擦を起こし、肌にかゆみやかさつきが起こると、肌がより敏感になることもあります。衣類の繊維表面のすべりを高め、摩擦を抑えるための新技術を詰め込んだのがケアベールです。

皮膚科学によって解明したかゆみに注目し、皮膚科医によって敏感肌と診断された人を対象に検証したことから、信憑性も高いと言えるでしょう。

無着色・無蛍光であり、すべり性の高い柔軟成分を含んでいるため、衣類表面のすべりがよくなります。このため、肌と衣類の摩擦が起こりにくくなり、かゆみを引き起こしにくくなるのです。

汗を吸水するため、汗によるかぶれの軽減も期待できます。

香りはほのかなフローラルのため、強い香りの柔軟剤が苦手な方にも使いやすいタイプです。赤ちゃんの服に使用するママさんも多いようです。

ベビーファーファ濃縮柔軟剤

赤ちゃん用に開発された柔軟剤ですが、無添加かつ無香料の商品です。ただし、香料が入っていなくても、ベルガモット製油が配合されているため、まったくの無香料ではありません。

原液は少々香りが感じられますが、使用後にはほとんど感じられない程度です。微香性とはいえ、好みが分かれるところかもしれません。ニオイに敏感な人は注意してください。

こちらの主成分は、アルキルイミダゾリン型カチオンと記載されていますが、カチオン=陽イオンというわけではありません。陰陽両性を持ち合わせ、どちらにも変化する界面活性剤です。

主にベビー用品や高級シャンプーなどに配合され、肌への刺激も弱いタイプ。敏感肌の方にも使いやすい低刺激の柔軟剤でしょう。

植物由来の柔軟成分を配合し、吸水性が高いのが魅力です。

P&G ふんわりさらさ

界面活性剤は主に、アルキルエーテル硫酸エステル塩を配合しています。こちらは陰イオン型であり、皮膚刺激はやや弱め。洗い流してしまう製品には、安心して使いやすい成分でしょう。

ノンオイリータッチ処方により、繊維を油分で覆わずに、ふんわりとした羽毛のような肌触りにしあげます。香りはやさしめのピュアソープのため、清潔感ある香りをまといたい方にピッタリでしょう。

皮膚科医の検証により、赤ちゃんの肌にも異常がないことが確認されています。また、個人差があるかもしれませんが、アトピー肌の方でも刺激を感じなかったという声も目立ちました。

まとめ

敏感肌だからといって、柔軟剤を避ける必要はありません。そのメリットにより、肌にも良い効果を得られることもあるでしょう。

ただし、柔軟剤の種類はとても膨大にあり、自分に合った柔軟剤を探すことはとても大変なこと。成分や香料をしっかりと確認して選ぶように気を付けてみてください。また、使い方や適量を守ることで、使いやすさを実感することもあります。

ぜひ、おすすめ商品を参考に、デリケートな肌を傷つけない柔軟剤を選んでみてください。