乾燥性敏感肌は普通の敏感肌とは違う?詳細とケア方法を解説!

乾燥している肌

「乾燥性敏感肌」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

乾燥が進んだ結果として敏感肌の症状が現れた肌のことを指しますが、原因や対処法を知らないといつまで経っても症状が改善されません。

肌のピリピリ感などで困っている方は、この乾燥性敏感肌かもしれませんので、ぜひこの記事を参考にしてケアを行ってみてください。

乾燥性敏感肌が生まれる原因

乾燥性敏感肌は、主に通常の敏感肌と同じような理由で発生します。

  • ストレス
  • 誤ったスキンケア(ゴシゴシこするなど)
  • 合わない化粧品の使用
  • 日焼け
  • 外気の乾燥(エアコン等の利用など)
これらの要因によって肌表面が乾燥し、外部の刺激に対するバリア機能が弱まってしまうことで敏感肌の症状がでます。これが乾燥性敏感肌の生まれるメカニズムなのです。

こうした肌では、往々にしてセラミドなどの成分が不足してしまっていることが知られています。

これまで敏感肌ではなかったにも関わらず、急にピリピリするなどの症状が現れた場合は、上記のような原因による乾燥性敏感肌を疑ってみると良いでしょう。

※肌のバリア機能については以下の記事で詳しく説明しています。

肌のバリア機能

敏感肌とは?ケアする上で知っておきたい基礎知識

2018年7月27日

乾燥性敏感肌のお手入れ方法

肌のお手入れ

では、乾燥性敏感肌はどうやってケアしたら良いのでしょうか。重要なポイントを説明していきますので、意識していないものがあればケアの一環として取り入れてみてください。

保湿を心掛けることが最も大事

乾燥性敏感肌の場合、まずは何よりも保湿を意識することが大切です。

前述の通りセラミドが不足していることが多いので、セラミドを補給できるような化粧水などを使用すると良いですね。その際はケチらずに十分な量を使用するようにしてください。

ランキング

敏感肌の人におすすめの化粧水ランキング

2018年12月13日

また、保湿と言っても水分だけを意識すれば良いわけではありません。水分同様に油分も適切な量を保つように意識してみてください。

肌の表面は皮脂膜が覆っていて、これがバリア機能の一部になっています。いくら水分を補給しても、油分が不足していればその水分はすぐに蒸発してしまい、また乾燥していくでしょう。

水分と油分を適切に補給することで、肌の乾燥が改善されていきます。そのうるおいによって外部の刺激から肌が守られるのです。

週一くらいでノーメイクデーを作る

肌のうるおいが失われる原因の一つに、ケアを行う際にこすりすぎるというものがあります。

スキンケアの際はもちろんですが、クレンジングの際にもこすりすぎないようにするとうるおいを保持することができるのです。

そのためには、落としにくい濃いメイクよりも、薄めのナチュラルメイクが良いです。

さらに、週末など休みの日にはノーメイクで過ごすことで、メイクとクレンジング両方による肌へのダメージを減らすことができます。

ピーリングやスクラブ洗顔などは控える

乾燥性敏感肌に限らずですが、ピーリングやスクラブ洗顔は古い角質を取り除くものなので、過剰に使用すると正常なターンオーバーよりも早いタイミングで角質をはがしてしまうことになります。

そうすると、当然外部からの刺激に弱い状態の肌になってしまいます。優しくいたわるような洗顔を行い、ターンオーバーを必要以上に早めてしまうことのないように意識しましょう。

洗顔方法については下記の記事でさらに詳しく説明しています。

洗顔

その肌トラブルの原因は洗顔方法?正しい洗顔のやり方を紹介!

2018年8月1日

乾燥性敏感肌におすすめの基礎化粧品

乾燥性敏感肌を改善するためには、適した基礎化粧品を使うのが一番です。

以下は乾燥性敏感肌用に作られている化粧品なので、試しに使用してみると肌の状態が改善するかもしれませんよ。

ルーナス



18種類のアミノ酸やミネラルを含むプラセンタである、馬プラセンタを使用した化粧品です。

肌のバリア機能を構成している「細胞間脂質」「NMF成分」「皮脂膜」をバランス良く補うのが特徴で、他の多くの化粧品が皮脂膜だけを補う一方、ルーナスはこれらすべてに働きかけてくれます。

細胞間脂質には馬セラミド、NMFへは馬プラセンタ、皮脂膜へは馬油やシアバターなどの天然オイルがアプローチします。

エイジングケアもできるので、乾燥性敏感肌のケアとエイジングケアの両方をしたいひとにはぴったりですね。

ルーナス

馬プラセンタの力で敏感肌でもエイジングケアを!ルーナスの詳細

2018年12月11日

キュレル 化粧水 III (とてもしっとり)

乾燥性敏感肌のことを考えたブランドであるキュレルの弱酸性化粧水です。無香料、無着色、エチルアルコール無添加など、刺激が起きないように配慮した処方になっています。

乾燥性敏感肌の人の協力によるパッチテストを行っている点も安心感がありますね。

ユーカリエキスが浸透して、外部刺激に対して強い肌になるようにうるおいを与えてくれます。

この化粧水 III はリッチな使い心地が特徴の化粧水ですが、強いしっとり感が欲しくない人であれば II や I を選ぶとみずみずしい使用感を得られるでしょう。

まとめ

乾燥性敏感肌は、乾燥によって敏感肌のような症状が出てしまっている肌の状態を指す言葉です。

急に肌がピリピリし始めたというような人は乾燥性敏感肌の可能性がありますので、部屋が乾燥しすぎていないか、UVケアが甘くなってしまっていないか、ゴシゴシとスキンケアをしてしまっていないかなどをチェックして原因を取り除くようにしましょう。

その上で保湿を意識したケアを行えば、肌も元の状態に戻っていくかもしれません。

また、敏感肌の症状は肌のバリア機能が失われることで発生するものがほとんどなので、そのバリア機能を取り戻すための(乾燥性)敏感肌用の基礎化粧品を使用すると、さらに良いですね。